スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは、中古車をネットで購入できますか!?その②


中古車をネットで購入することを思いつき、「Goo-net
で愛車を探すことになった我が家の中古車探しですが、





7人乗れるミニバンでナビ付き、両側電動スライド・ドア、
燃費が良くて、車検付きで160万円程度の条件はあるものの、
やはり、欲しい車種をまずは選ぶことにしました。


トヨタならヴォクシーかノア、日産ならセレナ、ホンダは
ステップワゴン、マツダはMPVかビアンテというところで
しょうか。


細かい性能は気にせずに、外観や内装のデザインで選んで
行くと、我が家の車はH19年のホンダのステップワゴンという
ことに決まりました。


その中でもどちらとも甲乙つけがたい気になるステップワゴンが
別々のお店で2台ありましたので、「Goo-net」を通じて見積り依頼
することにしました。


2店とも、すぐに見積のメールが届き、両方ともに予算内に
おさまる内容なのですが、やはり現物を見ないことには決断に
踏みきれませんので、比較的家の近くにあるお店の方に
検討中のステップワゴンを見に行く事にしました。


アポ無しで妻と二人でお店に行ったのですが、店員さんも丁寧で、
「Goo-net」で見積依頼した者ですと伝えると、とても
親切に説明してくれました。


この対応にとても感銘した我々夫婦は、もうこのお店のこの
ステップワゴンにしようということで、即決しました。


最後は、なんだカンダ言っても、人。
お店の店員さんの対応が決まりになりました。


中古とは言え、納車されたステップワゴンに家族共々、とても
気に入ってます。


この愛車とこの車を買ったお店を引き付けてくれた「Goo-net
にも感謝、感謝です。


スポンサーサイト

あなたは、中古車をネットで購入できますか!?


車をそろそろ買い換える我が家の計画ですが、
色々とエコカー等も検討したんですが、結局のところ、
予算的に無理して新車を購入するよりも、少し型落ちでも
いいので、中古車にしようということになりました。


エコカーのこと色々調べたんですが、4・5年前くらいの
中古車なら、別にエコカーじゃなくても今乗ってる愛車に
比べたら、燃費は絶対にいいはずなので、そこら辺のミニバン
を探す事にしました。


最初はヤフオクを見ながら探してたんですが、妻が、
「そんなん、大丈夫なの?」
と、かなりヤフオクでの車購入に疑心暗鬼になっていたので、


本屋に行って、中古車情報誌の「Goo」や「カーセンサー」を
買って探そうかと思い、ちょっと中古車情報誌なるものを
立ち読みしたんですが・・・何書いてあるかサッパリ解らない。


て言うか、文字が小さすぎて、四十過ぎてちょっと老眼がはいって
きた眼力ではこの小さすぎる文字情報は読めません。


しかし、近所の中古車屋を一軒一軒回るのも、時間がないし、
中古車と言えども、年式やタイヤの減り具合や性能や装備は
妥協したくありませんから、どうしたものか・・・


と思ったら、やっぱりまずはネットで探すの一番ではないかと
立ち返りました。妻に反対されたヤフオクはヤメといて、世間的に
信頼があるであろうと思われる「ガリバー」や「Goo」等のサイトから
探すことにしました。


買い物って何でもそうですが、探してる時が1番楽しい時ですね。


中古車探しの情報サイトは色々見て回ったんですが、私が感じた
見やすくて分かりやすかったのが、カーといえばGoo!のサイト「Goo-net」
だったので、


「Goo-net」で大阪周辺で登録されているショップの中古車から
探すことにしました。


ちなみにAKBは板野のファンでもあります(*^_^*)


条件としては、7人乗れるミニバンでナビ付き、両側電動スライド・ドア
燃費が良くて、車検もあればgood!で160万円程度で探すことに
しました。


はたして「Goo-net」で、新しい我が家の愛車は見つかるのか!?








エコカーはハイブリッドや電気自動車だけじゃない!?


エコカーって言えば、私は単純にトヨタのプリウスや
日産リーフのようなハイブリット車や電気自動車を
思い浮かべるのですが、実はエコカーと呼ばれている
のは、それだけではないようです。


エコカーと呼ばれるものは国土交通省が認定する
“低燃費かつ低排出ガスの車”を総じて示す言葉で、
要は排出ガスが基準値を下回り、燃費もいい自動車の
ことのようです。


ハイブリッド以外でも最近よく聞かれるのが、
クリーンディーゼル車でしょうか。


テレビCMでもやってましたが、欧州は普及が進んで
いるようで、昔のディーゼルというと、バスやトラック
のように、出足が遅い、黒煙を吐く等のイメージがありますが、


クリーンディーゼルは従来のディーゼル車の弱点を
最新技術で克服してます。


黒い黒煙の原因である「スス」や「NOx」を激減させ、
走りの良さも高トルクでよくなってます。


ただ、まだ技術的に仕組みが高価なので、その分車体価格に
跳ね返ってきているのも事実です。今後のコスト面を抑える
事ができるかどうかが、日本でも普及するかどうかに関わって
くると思われます。


あと、「第3のエコカー」と言うのもダイハツがよ宣伝して
ます。


こちらの方も高度な技術力によって、エンジンの高効率化や
アイドリングストップ機能を搭載し、ボディを軽量化したり、
走行時の空気抵抗を低減させることにより、ハイブリッド車
並のリッターあたり30kmの燃費を実現させています。


従来のガソリンエンジンなので、一番安心できるかもしれません。


しかし、エコカーはこれだけではないんですね。


タクシーなんかで、たまに見かけるのがLPG(液化石油ガス)を
燃料とした「LPG自動車」は昔から実用されているので
供給スタンドが整備されていて燃料費もガソリンより安くすみます。


LPG自動車のように天然ガスとよく似た燃料で走らせる
「メタノール自動車」も注目されています。


メタノール自動車は、NOx(窒素酸化物)の排出量もディーゼル車
の半分と、非常に環境にやさしい車ですが、発熱量が軽油の半分くらい
のため、燃料当たりの走行距離がガソリン車やディーゼル車に比べて
短くなり、走行距離をのばすには、現時点では燃料タンクの容量を
大きくするしかありません。また、エンジンが冷えてからの始動時に
ホルムアルデヒドが発生するという問題がクリアされていません。


排出するのは水だけという一番クリーンなエコカーには、
燃料電池車(FCV)もあります。小学校の頃、理科の実験で
水素と酸素を爆発させると水が出来るあれです。
(今の小学校ではそういう実験はしないのかな?)


燃料電池車は水素と酸素を爆発させて推進力をつくるという
わけではなく、水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、
モーターを駆動するシステムになります。


この化学反応にはプラチナが使われるため、燃料電池車は非常に
高価な、庶民にはとても手の届かない車となります。


地球に優しくても、財布に優しくない車の普及は困難でしょう。
いくら優れた環境性能を持つ車でも、みんなが乘らないと
意味ありませんもんね。


家族の多い我が家では、7人以上乗れることと、燃費がいいことが
条件になりますが、トヨタ・エスティマのハイブリッドの新型
が出たので、エスティマのハイブリッドの中古を狙うのも
ありかなと、思う今日この頃です。







いまどきのエコカー選び。ハイブリッドはもう古い!?


昨日、久々にお墓参りに行く途中で、大阪は松原市の
中央環状線沿いにあるセルフのガソリンスタンドに寄り、
給油したんですが、そのスタンドは「Tポイント」カード
が利用出来るみたいで、カードを持っていると割引も
きくようでした。


Tポイントカードを挿すとレギュラーがリッターあたり
141円が139円になってましたので、お得です。


でも、なぜかそのスタンドは、給油よりも洗車に長蛇の
列ができてましたので不思議に思っていたんですが、
今日知り合いにその話をすると、そのガソリンスタンドは
洗車が水洗い100円で出来るとのことで、


なるほど、それで平日なのにあんなに長蛇の列だったんだなと、
頭のモヤモヤがとれました。


モヤモヤしてるのは、わが家の車の買い替えのこと。
いったいどんな車選べばベストか。


出来れば中古よりも新車のエコカーあたりを狙いたいんですが、
エコカーって、一体どれがいいのか?
ってことでしょうか。


プリウスのようなハイブリッド車には乗ったことはあるの
ですが、ガソリンが走っても走っても減らないというのに
驚きました。


今乗ってるミニバンは13年目くらいで、燃費がとにかく
悪くなって、リッターあたり6kmくらいじゃないかと思います。


でも、プリウスは街乗りを入れてもリッタ-・20kmは走ります
もんね。ホントびっくりです。


音も電気で走っている時はとても静かです。
ただ、時々止まっている状態で、電気からエンジンに切り替わる
時があるのですが、その時にガクンと振動がくる時があります。


私の知っているプリウスは、今のモデルの前の型なので、今の
現行モデルでは改善されているのかもしれませんが・・
乗ってないのでわかりません。


プリウスのような、電気とガソリンの両方で走るハイブリッド車
は、燃費がいいのが魅力です。


日産リーフのような、まるっきりの電気自動車もガソリン代が
かからないのでいいですが、路面状態やアップダウンの道で
いったいどれだけ走るのかが不安なところです。


電気自動車のいいところを取って、ハイブリッドの、その先を行くのが
プラグイン・ハイブリッド車(PHV)でしょうか。


家庭用の電源からも充電でき、ある程度の距離は電気だけで走れて、
長距離を走る時にはガソリン併用のハイブリッド車になるスグレモノ。


それなら、プラグイン・ハイブリッド車買えばいいじゃんと
思いますが、今なら助成金が出るとは言え、電気を充電する
電池の分だけハイブリッド車より高価なのが、まだネックなので、
とても手が出ません。


そんなに高価でなくて、7人くらい乗れたり、荷物もいっぱい積めて
燃費がいい車っていったら・・・ホンダのフリード・ハイブリッド
かもしれない。


検討要の一台です。


ホンダフリード&フリードスパイクハイブリッドのすべて




車を買い換えるならエコカーて言うけど・・・


わが家の車は、乗り始めて早13年になります。
10年過ぎたあたりから、自動車もアチコチ痛んでくるものです。


まず痛んできたのが電気系統で、リモコンロックが壊れてしまい
直してないので、ここ2年程はキーでドアの開け閉めしています。
時々走行中に何もしていないのにドアのロックが勝手に掛かったり、
解除されたりします。
(心霊現象ではないと思います。)


前回の車検の時には、ホンダ車によくあるらしいのですが、
ラジエターに細かいヒビが入りだしているので、けっこう
危険な状態だとか。交換に10万円以上かかるので、そのまま
で車検は通しました。


4年前の冬にバッテリーを交換。出かける時にバッテリー
切れでエンジンがかからなくなり、出張サービスに見に来て
もらいました。バッテリーは気になっていたので、小まめに
バッテリー補充液は補充していたのでが、もはや寿命との
ことで、「よく、ここまで持ったもんですね・・」とお褒めの
言葉をいただきました。


そしてこの前は、バンク・・・。タイヤ一本のみ交換。


ワイパーのゴムは幾度と無く交換。オカマや追突されること
3回。燃費もかなり悪くなっているので、ガソリンの価格が
また上がってきている今日この頃、去年の夏はリッター5か6km
といったところなので、このままこの車に乗り続けると、
この夏も、ガソリン代で目を剥くことは間違いなしです。


また車検が近づいてるし、車にかかる費用はかさむばかりの
状況を考えると、ここはやっぱり買い替えどきかな・・と
考えてます。


エコカー減税も条件や基準は厳しくなるものの、まだ延長
されているようだし、今がチャンスかなと。


予算の都合でそんなに高いのは無理として、場合によっては
中古車を選択するかもしれませんが、今気になっている
エコカーなるものを調べていきたいと思います。


ひと口にエコカーといっても、メーカーによって、ハイブリットや
プラグイン・ハイブリッド車、電気自動車や第三のエコカー、
クリーンディーゼルなど、おしているシステムが違うので
いったい何を選べばいいのか?


ちょっと調べてみますね。

スポンサードリンク

プロフィール

ノロマノマド

Author:ノロマノマド
大阪府在住の昭和42年生まれの中年サラリーマンです。
自分の興味があることや思いつきを忘れないためにブログにアップしていきます。

カテゴリ

スポンサードリンク




最新コメント
最新記事・オススメ情報

スポンサードリンク

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。