スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊天商店(ぶーでんしょうてん) のサンダルで正解!

最近めっきり公私共にツイてないというか、運に
見放されているというか、冴えない日常となっています。


そんな冴えない日々を打破するにはやはり神頼みしか
ないということで、「我孫子観音」にお参りに行くことに
しました。


私は人生のピンチや運気がない時には度々「我孫子観音」を
訪れ参拝することによって、運気の好転をはかります。


今日は天気もいいし気温も穏やかなので、ポロシャツに
Gパン、サンダルというラフなスタイルで参拝におもむいたの
ですが、我孫子観音の近くの駐車場に車を停め、


歩いて我孫子観音の正門の前まで来たのですが、
その時、履いていたサンダルの左足の甲のベルトが
ブチッと切れてしまったのです。


なんとも不吉な・・・
これは益々参拝して厄を落としてしまわなければ!


取りあえずは、歩きにくいものの無事参拝を済ませたの
ですが、やっぱり歩きにくいし、格好も悪いのでサンダルを
何とかすることにしました。


もう10年くらい履いていたサンダルなので、そりゃベルトも
切れるというものです。近くの北花田のイオンモールに行って、
買い換えることにしました。


そこで見つけたのが豊天商店(ぶーでんしょうてん)のサンダルです。

DSC_0150.jpg


豊天商店と言えば大阪発祥のブランドで、漢字・ひらがな・カタカナ等の
インパクトのある文字をデザインにしたTシャツやジャージが有名で
和柄のレトロな雰囲気がブレイクしています。


DSC_0151.jpg


最初はフロックスか安いのでいいやと思っていたのですが、
軽くて履きやすいといっても今さらフロックスもな・・・
という思いもあったので、豊天商店のカラフルなベルトの
オシャレなサンダルに心を鷲掴みにされました。


このサンダルならこれからの季節、どんなスタイルにも
合いそうですし、インソースは肌触りの良い素材なので
履き心地が抜群です。ソールもクッション性の高い素材が
使われているので、これなら長時間履いてても疲れません。


サンダルの履き心地はムチャ気に入ったので、豊天商店の
ブランドのモノは今後注目していきたいと思います。


(豊天商店)ブーデンしょうてん フェイクレザーベルト切替多色サンダル




スポンサーサイト

エコカーはハイブリッドや電気自動車だけじゃない!?


エコカーって言えば、私は単純にトヨタのプリウスや
日産リーフのようなハイブリット車や電気自動車を
思い浮かべるのですが、実はエコカーと呼ばれている
のは、それだけではないようです。


エコカーと呼ばれるものは国土交通省が認定する
“低燃費かつ低排出ガスの車”を総じて示す言葉で、
要は排出ガスが基準値を下回り、燃費もいい自動車の
ことのようです。


ハイブリッド以外でも最近よく聞かれるのが、
クリーンディーゼル車でしょうか。


テレビCMでもやってましたが、欧州は普及が進んで
いるようで、昔のディーゼルというと、バスやトラック
のように、出足が遅い、黒煙を吐く等のイメージがありますが、


クリーンディーゼルは従来のディーゼル車の弱点を
最新技術で克服してます。


黒い黒煙の原因である「スス」や「NOx」を激減させ、
走りの良さも高トルクでよくなってます。


ただ、まだ技術的に仕組みが高価なので、その分車体価格に
跳ね返ってきているのも事実です。今後のコスト面を抑える
事ができるかどうかが、日本でも普及するかどうかに関わって
くると思われます。


あと、「第3のエコカー」と言うのもダイハツがよ宣伝して
ます。


こちらの方も高度な技術力によって、エンジンの高効率化や
アイドリングストップ機能を搭載し、ボディを軽量化したり、
走行時の空気抵抗を低減させることにより、ハイブリッド車
並のリッターあたり30kmの燃費を実現させています。


従来のガソリンエンジンなので、一番安心できるかもしれません。


しかし、エコカーはこれだけではないんですね。


タクシーなんかで、たまに見かけるのがLPG(液化石油ガス)を
燃料とした「LPG自動車」は昔から実用されているので
供給スタンドが整備されていて燃料費もガソリンより安くすみます。


LPG自動車のように天然ガスとよく似た燃料で走らせる
「メタノール自動車」も注目されています。


メタノール自動車は、NOx(窒素酸化物)の排出量もディーゼル車
の半分と、非常に環境にやさしい車ですが、発熱量が軽油の半分くらい
のため、燃料当たりの走行距離がガソリン車やディーゼル車に比べて
短くなり、走行距離をのばすには、現時点では燃料タンクの容量を
大きくするしかありません。また、エンジンが冷えてからの始動時に
ホルムアルデヒドが発生するという問題がクリアされていません。


排出するのは水だけという一番クリーンなエコカーには、
燃料電池車(FCV)もあります。小学校の頃、理科の実験で
水素と酸素を爆発させると水が出来るあれです。
(今の小学校ではそういう実験はしないのかな?)


燃料電池車は水素と酸素を爆発させて推進力をつくるという
わけではなく、水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、
モーターを駆動するシステムになります。


この化学反応にはプラチナが使われるため、燃料電池車は非常に
高価な、庶民にはとても手の届かない車となります。


地球に優しくても、財布に優しくない車の普及は困難でしょう。
いくら優れた環境性能を持つ車でも、みんなが乘らないと
意味ありませんもんね。


家族の多い我が家では、7人以上乗れることと、燃費がいいことが
条件になりますが、トヨタ・エスティマのハイブリッドの新型
が出たので、エスティマのハイブリッドの中古を狙うのも
ありかなと、思う今日この頃です。







いまどきのエコカー選び。ハイブリッドはもう古い!?


昨日、久々にお墓参りに行く途中で、大阪は松原市の
中央環状線沿いにあるセルフのガソリンスタンドに寄り、
給油したんですが、そのスタンドは「Tポイント」カード
が利用出来るみたいで、カードを持っていると割引も
きくようでした。


Tポイントカードを挿すとレギュラーがリッターあたり
141円が139円になってましたので、お得です。


でも、なぜかそのスタンドは、給油よりも洗車に長蛇の
列ができてましたので不思議に思っていたんですが、
今日知り合いにその話をすると、そのガソリンスタンドは
洗車が水洗い100円で出来るとのことで、


なるほど、それで平日なのにあんなに長蛇の列だったんだなと、
頭のモヤモヤがとれました。


モヤモヤしてるのは、わが家の車の買い替えのこと。
いったいどんな車選べばベストか。


出来れば中古よりも新車のエコカーあたりを狙いたいんですが、
エコカーって、一体どれがいいのか?
ってことでしょうか。


プリウスのようなハイブリッド車には乗ったことはあるの
ですが、ガソリンが走っても走っても減らないというのに
驚きました。


今乗ってるミニバンは13年目くらいで、燃費がとにかく
悪くなって、リッターあたり6kmくらいじゃないかと思います。


でも、プリウスは街乗りを入れてもリッタ-・20kmは走ります
もんね。ホントびっくりです。


音も電気で走っている時はとても静かです。
ただ、時々止まっている状態で、電気からエンジンに切り替わる
時があるのですが、その時にガクンと振動がくる時があります。


私の知っているプリウスは、今のモデルの前の型なので、今の
現行モデルでは改善されているのかもしれませんが・・
乗ってないのでわかりません。


プリウスのような、電気とガソリンの両方で走るハイブリッド車
は、燃費がいいのが魅力です。


日産リーフのような、まるっきりの電気自動車もガソリン代が
かからないのでいいですが、路面状態やアップダウンの道で
いったいどれだけ走るのかが不安なところです。


電気自動車のいいところを取って、ハイブリッドの、その先を行くのが
プラグイン・ハイブリッド車(PHV)でしょうか。


家庭用の電源からも充電でき、ある程度の距離は電気だけで走れて、
長距離を走る時にはガソリン併用のハイブリッド車になるスグレモノ。


それなら、プラグイン・ハイブリッド車買えばいいじゃんと
思いますが、今なら助成金が出るとは言え、電気を充電する
電池の分だけハイブリッド車より高価なのが、まだネックなので、
とても手が出ません。


そんなに高価でなくて、7人くらい乗れたり、荷物もいっぱい積めて
燃費がいい車っていったら・・・ホンダのフリード・ハイブリッド
かもしれない。


検討要の一台です。


ホンダフリード&フリードスパイクハイブリッドのすべて




メンタリストDaiGoの心理誘導、恐るべしか!?


メンタリストDaiGoが5月20日の「新堂本兄弟」に
出演し、またパフォーマンスを披露してくれました。


私は途中からしか見ていないのですが、私がテレビを
見た時の画面は丁度、ミュージシャンのDAIGOが
メンタリストDaiGoの顔を手で塞いで目隠しをしていました。


以前、ミュージシャンDAIGOは、「違うダイゴの方が最近、有名に
なってきている」と、危機感を語ってましたが、「新堂本兄弟」で
この二人が絡むことになるとは・・・ちょっと予想はできました。


この時にメンタリストDaiGoが見せたのは、色や形の違う帽子を
ゲストがどれを選ぶか見ずに当てるというものでした。


ゲストのHALCALI!に選ばせていましたが、選ばせる時に
メンタリストDaiGoは、「別にピンクを選んでもいいですよ」とか、
言葉をかけていたので、そこで相手に何を選ばせるか、誘導を
かけているのでしょうか?


ゲストが黒い帽子を選んだ時にいっしょに見ていた妻が、
「私も黒を選んだ」「私も画面を通じて誘導されていたのかも」
と言ってました。


メンタリストDaiGoは「人は周りの状況に影響されるんです」
と言っているので、そこを心理学を巧みに使い、相手を
コントロールしてるんでしょうね。


また、目隠しをする時にアイマスクでは無く、誰かに手で目を
塞がせる事が多いような気がしますが、塞いでる人に名前や
言葉を言わせた時の微妙な筋肉の動きを読んでいるような
事も言ってます。


今回の「新堂本兄弟」では、カードに誰がどんな絵を書いたか、
その人はどんな性格なのか当てるというパフォーマンスがありました。


色ペンで、カードに四角と中に棒線二本を書くところまでは
共通で、あとは四角の中でも外でもいいので、ちょっと絵を
書き足し、それを書いた人物がどんな性格の人で、誰が書いたか
を見事に当ててました。


堂本光一さんは、何色のペンで書いたか、どんな絵を描いたの
かも当てられてましたが、その時もメンタリストDaiGoは、
相手の目の動きや筋肉の動きを、よく観察していたように
思います。


今回やったスプーンやフォーク曲げは、残念ながら見逃して
しましました。


ネットでメンタリストDaiGoの事を調べると、スプーン曲げは
手品の専門店に行けば買えるし、スタジオに助手がいて、無線で
合図を送っているだけなので、メンタリストDaiGoは完全にマジシャンで、
パフォーマンスや演技が上手いだけだという意見もありますが、


どうなんでしょうね。

人の心を自由に操る技術 ザ・メンタリズム


車を買い換えるならエコカーて言うけど・・・


わが家の車は、乗り始めて早13年になります。
10年過ぎたあたりから、自動車もアチコチ痛んでくるものです。


まず痛んできたのが電気系統で、リモコンロックが壊れてしまい
直してないので、ここ2年程はキーでドアの開け閉めしています。
時々走行中に何もしていないのにドアのロックが勝手に掛かったり、
解除されたりします。
(心霊現象ではないと思います。)


前回の車検の時には、ホンダ車によくあるらしいのですが、
ラジエターに細かいヒビが入りだしているので、けっこう
危険な状態だとか。交換に10万円以上かかるので、そのまま
で車検は通しました。


4年前の冬にバッテリーを交換。出かける時にバッテリー
切れでエンジンがかからなくなり、出張サービスに見に来て
もらいました。バッテリーは気になっていたので、小まめに
バッテリー補充液は補充していたのでが、もはや寿命との
ことで、「よく、ここまで持ったもんですね・・」とお褒めの
言葉をいただきました。


そしてこの前は、バンク・・・。タイヤ一本のみ交換。


ワイパーのゴムは幾度と無く交換。オカマや追突されること
3回。燃費もかなり悪くなっているので、ガソリンの価格が
また上がってきている今日この頃、去年の夏はリッター5か6km
といったところなので、このままこの車に乗り続けると、
この夏も、ガソリン代で目を剥くことは間違いなしです。


また車検が近づいてるし、車にかかる費用はかさむばかりの
状況を考えると、ここはやっぱり買い替えどきかな・・と
考えてます。


エコカー減税も条件や基準は厳しくなるものの、まだ延長
されているようだし、今がチャンスかなと。


予算の都合でそんなに高いのは無理として、場合によっては
中古車を選択するかもしれませんが、今気になっている
エコカーなるものを調べていきたいと思います。


ひと口にエコカーといっても、メーカーによって、ハイブリットや
プラグイン・ハイブリッド車、電気自動車や第三のエコカー、
クリーンディーゼルなど、おしているシステムが違うので
いったい何を選べばいいのか?


ちょっと調べてみますね。

大食いHAPPYダイエットは本当に痩せるのか?

amazonを毎日チェックしてて思うのですが、最近ベストセラー
に入っている本って、ダイエット関連の本がやたらに多いような
気がします。


モムチャンダイエットやら、カーヴィーダンスやら常に長く
ベストセラーに居座っています。


売れてるってことなので仕方ないですが、ベストセラーが
ほぼダイエット本で独占状態って、見ていてもウンザリする
くらい、楽しくないランキング情報です。


ハッキリ言って、私の体型はメタボで、お医者さんからも
ダイエットするように言われています。


なので、ダイエットに興味が無いわけでは無いのですが、
人から強要されるとなぜか、実践意欲が中々沸き立ちません。


そんな中で、今ちょっと興味が出ているダイエット方が、
テレビ番組の「人生が変わる1分間の深イイ話」でやっていた
大食いタレントのギャル曽根さんの「大食いHAPPYダイエット
です。


普通のダイエットは、運動や体操をしながら痩せていくと
いうものが主流ですが、このダイエットは満腹食べても
痩せるというところ!


食べながら痩せるなんて、コレほどおいしい事があるでしょうか?


その秘密は、ギャル曽根さんが考案したという100個もの
ダイエットレシピにあります。


「深イイ話」の番組の中では、元・シブガキ隊、現在46歳に
なる布川敏和さんが、この満腹ダイエットを1ヶ月体験して、
70㎏程あった体重が62㎏程に減り、体脂肪率も30%ちょっとから
27%程に改善してました。調子もだいぶいいみたいです。


レシピの内容は、ご飯を炊く時に、炒めて水分を散らした“しらたき”
をお米に混ぜて炊くことで、カロリーを減らしたり、


脂身を取った薄い豚ロース肉を片栗粉を振って、4枚程重ねて
厚みを持たせて、食べた時の満腹感をあたえるようにした
調理法や、


「肉なし麻婆豆腐」なんかは、ひき肉を使わずに
大豆の水煮を使い、カロリーを押さえる工夫がありました。


そのお味と量は、布川敏和さんによると、じゅうぶん満足の
いくものだとのことです。


さすがは、食に通じているギャル曽根さんだけのことはある
と思いますが、それもそのはず、日本調理製菓専門学校の
調理科を卒業し、調理師免許を取得しているので専門知識
が、ちゃんとあっての考案だったのですね。


大食いタレントで売っていたので、食べるのが専門と思いきや、
作る方も専門だったとは、御見逸れしました。


ただ、自分は料理をやったこと無いので、
この「大食いHAPPYダイエット」を実践しようとすると、
妻のご協力が必要になってくる訳ですが・・・


「毎晩、公園歩いて来なさい!」と言われるのがオチかな。





ココロボと次世代カーナビは買いなのか!?

5月8日(火)の昨日の晩から5月9日(水)のニュースや
情報番組を見てると、新しい二つの商品が取り上げられて
ヒットの予感がします。


その商品とはシャープの家庭用掃除ロボット「ココロボ」と、
パイオニアの次世代カーナビ「カロッツェリア サイバーナビ」
です。


いずれも、従来の商品に新しいテクノロジー機能を追加した
ものですが、より人にやさしいと言うか、欲しいという欲求
を刺激するものがあります。値段もベラボウに高いわけでは
ないのがいいです。



★シャープの会話する家庭用掃除ロボット「ココロボ」

「ココロボ」は、英語や日本語、中国語に対応した“しゃべる”
機能が付いている家庭用掃除ロボットで、日本語は関西弁も
しゃべります。しかも、人工知能を持っているので、会話で
やり取りできます。


「キレイにして」と言うと「わかった」と言って掃除を開始したり、
ゴミがいっぱいになると「苦しい」と言って知らせたり、時には
人を気遣う言葉も言ってくれるそうです。


昔、ファービー人形とソニーの犬型ロボット「アイボ」という
のが流行りましたが、アレらをかけ合わせたような存在でしょうか。
「ココロボ」はお掃除してくれるので、実用性があります。


まあ、お掃除ロボットなんで、そっちが本業なんであたり前なん
ですけど、以前よりお掃除ロボットの「ルンバ」をペットのような
存在で愛着を持って使っている人が増えていると言われてましたので
そこにヒントを得たのでしょうか。


「ココロボ」の優れているところはもう一つあって、本体に内蔵カメラを
備えていて、外出先からスマートフォンで「ココロボ」にアクセスして
「ココロボ」が連続撮影した室内写真を見ることが出来るという機能。


防犯にも役立ちそうですね。
「ココロボ」は最上位機種で13万ほどのようで6月上旬に発売。







★パイオニアの次世代カーナビ「カロッツェリア サイバーナビ」AVIC-VH99HUD

ここのところ、スマートフォンの普及で、カーナビの市場は
低迷しているようですが、“ヘッドアップディスプレイ ユニット”
を搭載したパイオニアの次世代カーナビは、スマホでは代役できません。


ドライバーの視線をあまり動かす事無く、フロントガラス越しの風景に
ナビ情報を映しだしてくれる“ヘッドアップディスプレイ ユニット”
(AR HUD)は、まさにSF映画さながらの次世代モードです。


戦闘機のコンバットディスプレイを思わせるこの技術は、
旅客機のボーイング747にも実用されているとか。
航空機マニアなら、絶対欲しいと思わせるカーナビです。



※商品画像が無いので写真はイメージです・・(^_^;


ドライバーには実際の風景に重ねてナビ情報が表示される
ので、使い始めは慣れが必要かなとも思われますが、その
機能は、ナビ情報だけでなく、高速道路などで、レーンを
はみ出して走行すると、警告音で知らせてくれたりと、
安全走行にも配慮したシステムになっています。


お値段は、そうとう高いのではと思いましたが、30万円ほど
とのこと。


安くなったとは言え、普通のカーナビでも機種によっては
20万円程するものもあるので、この機能を備えて30万円はそんなに
高いとは言えないのではないでしょうか。


「カロッツェリア サイバーナビ」AVIC-VH99HUD及びAVIC-ZH99HUDは
7月下旬販売だとか。








日本の結婚式が中国でブレイク!?

この前の「Mr.サンデー」で特集されていたのですが、
今、中国やシンガポール等のアジア諸国で、日本流の
結婚式スタイルが浸透しつつあるそうです。


中国では、結婚式を盛大にする習慣は無かったようで、招待客は
普段着でやって来て、ご祝儀もハダカのまま渡すようで、式自体に
催しモノは無く、食事をして頃合いを見て招待客は勝手に帰って行くと
いうものなのだそうです。


そう言えば、中国の大連に旅行に行ったことのある友人から聞いた
事があるのですが、観光で道を歩いていたら丁度、結婚式に出くわ
したらしく、もちろん招待なんてされている訳でもないのに、


招かれ、席に座らされて食事を御馳走になった事があるそうです。
まだ食べきってない皿の上に次々に料理を持ってきて、ドンドン
置いていくそうです。友人曰く、料理が勿体ない、バチがあたる・・
と、日本人感覚で言ってました。


そんな中国の結婚式事情にブライダル・ビジネスとしての市場が
あると見て、日本式の“絆”を重視する演出のウエディング形式を
持ち込んで見事に受け入れられ、成功している大手ブライダル会社が
あるのだとか。


そのブライダル会社は、中国にも結婚式場を建て、現地採用の
スタッフは中国人だが、あくまでも提供するサービスは日本流に
徹しています。


チャペルでの厳粛な雰囲気やフラワーシャワー、披露宴での
新郎新婦の成りそめの演出、最後の両親への手紙・・・


最近では、招待される側もそんな日本式の結婚式が定着して
きたのか、ご祝儀も袋に詰めて、正装して来るのがあたり前に
なってきているようです。


でも、年配者の招待客は、長年の習慣か、お色直し中に頃合いを
見はかって途中で式場を退席する人達はまだいるようです。


中国って日本を嫌っていると思ってましたが、意外と日本文化を
受け入れているんですね。


前にも、中国に進出して成功している日本のエステサロンが
ありましたが、日本式のキメ細かなサービスに中国の人達も
安心と満足、信頼しているようです。


日本にあって、中国に無いものを考えると、市場は広がると
いう事ですか。

ラーメン・イケメン・僕、つけ麺・・・。


人類は麺類というキャッチフレーズが昔流行りましたが、
ラーメン好きが無性に食べたくなるのが、「つけ麺」では
ないでしょうか。


濃厚なとんこつ魚介スープに太くモッチリとした麺の食感
は、普通のラーメンとは、また別のジャンルといった感じが
します。食べ終わってからの “スープ割り”もまた、至福の
時をあたえてくれます。


元々は、“まかない”から生まれたラーメンの食べ方だと
聞きますが、スープもさておき、麺を楽しむなら、やっぱり
つけ麺だと思います。


YAHOOのトップページの地域情報を堺市北区にしている
のですが、この前 “【スポット】堺でおいしいラーメン店”の
紹介がありました。


私の知ってる店では、塩ラーメンの「龍旗信」や初めてつけ麺を
食べた店「麺座ぎん」がありましたが、このお店が出ていなかった
のが残念でした。


そのお店というのが、堺の北区、北花田にある「八兵衛製麺所」です。

1335066906855_convert_20120502003505.jpg


店の中に製麺工房があり、本格的なつけ麺が食べられるお店です。
私はこの日、ガッツリ食べたかったので“チャーシュー丼”と
つけ麺の“中盛”を頼みましたが、ハッキリ言って、チャーシュー丼は
余計でした。もうお腹パンパンです。

1335066198432_convert_20120502003725.jpg


つけ麺中盛だけで十分に満足出来る量だと思います。

1335066327802_convert_20120502004341.jpg


魚介豚骨の濃厚なスープとモッチリ太麺は最高です。お店自体、
北花田の交差点の高架下にあるので、ちょっと分かりづらいのが
難ですが、一度行ったら、また通いたくなることうけ合いです。


もちろん、スープ割りもやってくれますよ。



ローカルなグルメ情報でした。(^_^;


スポンサードリンク

プロフィール

ノロマノマド

Author:ノロマノマド
大阪府在住の昭和42年生まれの中年サラリーマンです。
自分の興味があることや思いつきを忘れないためにブログにアップしていきます。

カテゴリ

スポンサードリンク




最新コメント
最新記事・オススメ情報

スポンサードリンク

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。