スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の結婚式が中国でブレイク!?

この前の「Mr.サンデー」で特集されていたのですが、
今、中国やシンガポール等のアジア諸国で、日本流の
結婚式スタイルが浸透しつつあるそうです。


中国では、結婚式を盛大にする習慣は無かったようで、招待客は
普段着でやって来て、ご祝儀もハダカのまま渡すようで、式自体に
催しモノは無く、食事をして頃合いを見て招待客は勝手に帰って行くと
いうものなのだそうです。


そう言えば、中国の大連に旅行に行ったことのある友人から聞いた
事があるのですが、観光で道を歩いていたら丁度、結婚式に出くわ
したらしく、もちろん招待なんてされている訳でもないのに、


招かれ、席に座らされて食事を御馳走になった事があるそうです。
まだ食べきってない皿の上に次々に料理を持ってきて、ドンドン
置いていくそうです。友人曰く、料理が勿体ない、バチがあたる・・
と、日本人感覚で言ってました。


そんな中国の結婚式事情にブライダル・ビジネスとしての市場が
あると見て、日本式の“絆”を重視する演出のウエディング形式を
持ち込んで見事に受け入れられ、成功している大手ブライダル会社が
あるのだとか。


そのブライダル会社は、中国にも結婚式場を建て、現地採用の
スタッフは中国人だが、あくまでも提供するサービスは日本流に
徹しています。


チャペルでの厳粛な雰囲気やフラワーシャワー、披露宴での
新郎新婦の成りそめの演出、最後の両親への手紙・・・


最近では、招待される側もそんな日本式の結婚式が定着して
きたのか、ご祝儀も袋に詰めて、正装して来るのがあたり前に
なってきているようです。


でも、年配者の招待客は、長年の習慣か、お色直し中に頃合いを
見はかって途中で式場を退席する人達はまだいるようです。


中国って日本を嫌っていると思ってましたが、意外と日本文化を
受け入れているんですね。


前にも、中国に進出して成功している日本のエステサロンが
ありましたが、日本式のキメ細かなサービスに中国の人達も
安心と満足、信頼しているようです。


日本にあって、中国に無いものを考えると、市場は広がると
いう事ですか。

スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

ノロマノマド

Author:ノロマノマド
大阪府在住の昭和42年生まれの中年サラリーマンです。
自分の興味があることや思いつきを忘れないためにブログにアップしていきます。

カテゴリ

スポンサードリンク




最新コメント
最新記事・オススメ情報

スポンサードリンク

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。