スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコカーはハイブリッドや電気自動車だけじゃない!?


エコカーって言えば、私は単純にトヨタのプリウスや
日産リーフのようなハイブリット車や電気自動車を
思い浮かべるのですが、実はエコカーと呼ばれている
のは、それだけではないようです。


エコカーと呼ばれるものは国土交通省が認定する
“低燃費かつ低排出ガスの車”を総じて示す言葉で、
要は排出ガスが基準値を下回り、燃費もいい自動車の
ことのようです。


ハイブリッド以外でも最近よく聞かれるのが、
クリーンディーゼル車でしょうか。


テレビCMでもやってましたが、欧州は普及が進んで
いるようで、昔のディーゼルというと、バスやトラック
のように、出足が遅い、黒煙を吐く等のイメージがありますが、


クリーンディーゼルは従来のディーゼル車の弱点を
最新技術で克服してます。


黒い黒煙の原因である「スス」や「NOx」を激減させ、
走りの良さも高トルクでよくなってます。


ただ、まだ技術的に仕組みが高価なので、その分車体価格に
跳ね返ってきているのも事実です。今後のコスト面を抑える
事ができるかどうかが、日本でも普及するかどうかに関わって
くると思われます。


あと、「第3のエコカー」と言うのもダイハツがよ宣伝して
ます。


こちらの方も高度な技術力によって、エンジンの高効率化や
アイドリングストップ機能を搭載し、ボディを軽量化したり、
走行時の空気抵抗を低減させることにより、ハイブリッド車
並のリッターあたり30kmの燃費を実現させています。


従来のガソリンエンジンなので、一番安心できるかもしれません。


しかし、エコカーはこれだけではないんですね。


タクシーなんかで、たまに見かけるのがLPG(液化石油ガス)を
燃料とした「LPG自動車」は昔から実用されているので
供給スタンドが整備されていて燃料費もガソリンより安くすみます。


LPG自動車のように天然ガスとよく似た燃料で走らせる
「メタノール自動車」も注目されています。


メタノール自動車は、NOx(窒素酸化物)の排出量もディーゼル車
の半分と、非常に環境にやさしい車ですが、発熱量が軽油の半分くらい
のため、燃料当たりの走行距離がガソリン車やディーゼル車に比べて
短くなり、走行距離をのばすには、現時点では燃料タンクの容量を
大きくするしかありません。また、エンジンが冷えてからの始動時に
ホルムアルデヒドが発生するという問題がクリアされていません。


排出するのは水だけという一番クリーンなエコカーには、
燃料電池車(FCV)もあります。小学校の頃、理科の実験で
水素と酸素を爆発させると水が出来るあれです。
(今の小学校ではそういう実験はしないのかな?)


燃料電池車は水素と酸素を爆発させて推進力をつくるという
わけではなく、水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、
モーターを駆動するシステムになります。


この化学反応にはプラチナが使われるため、燃料電池車は非常に
高価な、庶民にはとても手の届かない車となります。


地球に優しくても、財布に優しくない車の普及は困難でしょう。
いくら優れた環境性能を持つ車でも、みんなが乘らないと
意味ありませんもんね。


家族の多い我が家では、7人以上乗れることと、燃費がいいことが
条件になりますが、トヨタ・エスティマのハイブリッドの新型
が出たので、エスティマのハイブリッドの中古を狙うのも
ありかなと、思う今日この頃です。







スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

プロフィール

ノロマノマド

Author:ノロマノマド
大阪府在住の昭和42年生まれの中年サラリーマンです。
自分の興味があることや思いつきを忘れないためにブログにアップしていきます。

カテゴリ

スポンサードリンク




最新コメント
最新記事・オススメ情報

スポンサードリンク

リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。